パートナーの不倫が露見したら、やはり頭に血がのぼってしまうかもしれません。しかし

パートナーの不倫が露見したら、やはり頭に血がのぼってしまうかもしれません。

しかし激情が通り過ぎたあと、冷静になってきたら、どのように対応するか具体的に考えましょう。

浮気はどう言い訳しようと、した人間の方に責任があるのです。精神面では埋め合わせをすることはできないでしょうけれど、あなたが苦しんだ分の慰謝料は、しっかり支払ってもらうべきです。素行調査や証拠集めなどを探偵に依頼するときは、総合探偵社会社に依頼するのが普通です。代金に見合った仕事をしてもらうためには、複数を比較することが大事です。とりあえず料金体系や業界相場あたりは理解しておきたいですね。不当な高値請求の業者にはまらないようにするためには必要なことです。

配偶者の行動追跡調査で総合探偵社社を利用すると、むこうが気付くのではないかと不安になるかもしれません。ただ、調査員の技能や使用している機材等を考慮すると、相手に露見するようなことは、まずないといって良いでしょう。

また、これは大事なことなのですが、浮気調査を依頼したあと、クライアントの挙動がいつもと変わった結果、相手のガードがかたくなり、うまく証拠を押さえられないこともあります。

報告書を入手するまでの辛抱だと思い、あくまでも自然に行動するように気をつけましょう。

近頃はスマホを情報源として配偶者に浮気がバレてしまったというケースが多くみられます。高機能のスマホが生活に欠かせなくなっている現在、フリーメールを含むメールやLINE履歴に浮気の証拠が残っていると考えられます。

しかもロックをかけているのだったら、十中八九、浮気の証拠がそこにあると思われます。

警戒心もあるため一筋縄ではいかないでしょう。浮気で生まれたいわゆる婚外子でも、認知を求めることは可能で、民法上でも認められた正当な権利です。一度認知させれば子供の養育費などを請求できるため、長期にわたって影響の出る手続きです。すでに別れていたり、認知するしないで揉めた場合には、訴訟を起こされることもあり、浮気の事実があれば否認は困難です。

そのような事態に陥る以前に不倫関係を絶っておかなかったら、いずれ大きな金銭的負担があると思っていいでしょう。総合探偵社を使ってパートナーの不倫を調べてもらう際は、結局のところ何を主眼に調査してもらうかを決め、事前によく話し合っておくことが非常に大事です。

浮気をやめさせるだけにとどめておくか、確たる証拠を掴んで離婚したい(裁判も考慮)などこのくらいは最低限、区別できるようにしておきたいですね。

依頼の内容次第では微妙に調査内容が異なってくるので、あらかじめ明確にしておきましょう。総合興信所や総合探偵社などの調査業者が提供している浮気の行動探索には、浮気の裏付けがとれたら支払うという出来高制の契約もあります。こう聞くと、不倫の裏付けがとれなければタダで済んでなんだかとても「得」に見えますよね。

ただ、調査相手が不倫しているかどうかがハッキリしない場合や、調査期間が長引くことが予想される際は受け付けてもらえないこともあるそうです。当然ながら証拠をゲットする確率も高く、そのときに思ってもみなかった額を請求されるケースもあるので注意してください。

配偶者(パートナー)の不倫行為により、慰謝料請求や離婚の裁判をする場合、配偶者の不倫行為の裏付けが必要です。一例を挙げると、性的な関係にあることがわかる文書(メール、手紙)や、配偶者とその相手がホテルから出てくる写真や、将来や生活を保障する誓約書なども決定的です。また最近は、スマホのフリーメールやラインの履歴が裏付けとして用いられるケースがあります。

武道や運転免許等の資格は、探偵には必須ではありませんが、実際に浮気調査をしっかりとやり遂げるためには、一定レベル以上のスキルが要求されます。ベテラン社員にも複数回の講習や試験を義務付けている会社もある一方、酷い会社になると実務経験がほとんどないバイトが調査するなんていうのもあるという話ですし、成果どころか不利益を生じる場合もあるので気をつけましょう。支払った額にふさわしいスキルを持つ調査員に調査に入ってもらうことこそ、結果を出す近道です。総合探偵社を頼んで調査してもらうときは、現金がなければ不可能かというと、最近は結構多様化してきていて、比較的大規模な探偵社の場合はクレジットカードでの決済に対応しています。

明細書に記載される表示に配慮しているところも多いので、調査をしたことがパートナーにばれるおそれがないのが嬉しいですね。

カード払いを導入するには条件を整えなければなりませんし、会社としての信用性を計る上でも役立つでしょう。

許しがたい不倫行為を働いたパートナーへの復讐は、社会人としての信用や、公共の場での立ち位置をおびやかしてやるのが良いのではないでしょうか。

もちろん、第三者を巻き込むに足りる証拠が必要ですが、逆にいうとそれさえあれば、もう、思う存分、締めあげてやるまでです。

それでは気が収まらず、浮気相手の勤務先の上司や義理親や配偶者に知らせて、破壊の限りを尽くす人もいるとか。

転職や家庭崩壊など、それなりの報いを受けるわけです。浮気調査を総合探偵社に依頼して、証拠を掴み、浮気をやめさせることに成功しても、もう一度、禁じられた恋に手を出してしまう人は少なくないようです。休日や退社後の不審な外出が目立つようになり、ふとしたLINEやメールの着信により懲りずに浮気を始めたことに気付くのです。

その前の浮気に対する処罰が甘かったために反省に至らなかったということも考えられますので、累積として一層厳格な処置が必要でしょう。興信所や探偵選びで迷ったら、まずは大手や中小にこだわらず、地域を意識して、ネット検索すれば会社の数は限定されます。そこそこ絞り込みができたら、電話で相談員に話してみることをお勧めします。いくら悩んだところで実際に話してみなければ、総合探偵社社の雰囲気すら判断がつかないですし、同時に疑問点も聞いてみると良いのです。最近は探偵も興信所もその差は単なる社名の違いと思って頂いて構わないでしょう。

両方とも総合探偵社業務と報告を行うことは違いがありません。

浮気の追跡調査などを依頼する際は、区別して考えることはありません。

とはいえ、得意とする分野については調査スタッフや会社によっても変わってくるでしょうから、そのあたりはおさえてから契約したいものです。

個人情報保護という考え方が浸透してきたせいか、いくら浮気の調査でも、尾行や聞き込みなどの調査によって得た情報を依頼主に提供する探偵の業務は悪いこと(不法な行為)なのではと質問されることがあります。

現行の総合探偵社業者は「探偵業法」の範囲内で業務を行っているので、その点では極めて安全です。

法律自体は平成19年6月に施行されましたが、それまでは探偵業者の業務や契約に関する全国的な法規制がなかったために、悪徳業者による詐欺行為や不当な請求といった問題を防止するべく施行されました。

当事者の負荷が大きい不倫は、いつか終わりを迎えるときが来ます。配偶者や職場に浮気がバレた挙句、仮面夫婦を続ける人もいれば、離婚したり、慰謝料請求や財産分与で金銭的にボロボロになるケースもあるでしょう。

倫理面はさておき不倫の当事者同士で再婚する例もないわけではありません。やっとの思いでゴタゴタを片付けても、不倫でハッピーエンドになることは期待するだけ無駄です。調査レポートとか調査報告書と呼ばれるものは、業者ごとにスタイルはさまざまです。

ただ、協議離婚以外の、たとえば裁判などで使う際は、証拠書類として認められるよう、良質な情報を備えた報告書でなければ価値がないわけです。のちのち、報告書をどのように利用するのかよく考え、総合探偵社社を選ぶようにするのをお勧めします。探偵を使ってまで浮気調査する必要があるのかと思う人は多いでしょう。とはいえ不倫は些細なことから始まるので、女っ気のない職場環境だろうと安心してはいられません。

常時いる女性と違い、営業などで時々訪れる相手なら、不倫がバレにくいからです。

疑わしい様子なら、探偵事務所に浮気調査を依頼すれば、早くに不安感を解消できますし、メンタル面でもプラスになると思います。興信所に持ち込まれる案件の多くは、素行(不倫)調査ではないでしょうか。探偵がどんな仕事をしているか、浮気調査の場合で取り上げてみました。一般的な浮気調査では、依頼人から提供された対象情報を参考に追跡します。

いわゆる「尾行」です。

四六時中尾行しても気づかれるリスクが高く無駄骨なので、浮気しそうな日を絞って不倫の証拠写真を撮影したりします。

ごく稀ではありますが、探偵に不倫調査をしてもらったあと、請求トラブルに発展することがあります。あらかじめ説明された通りの代金にプラスアルファでよく分からないオプション値段や経費が生じていて、契約を破棄したいというと、依頼者都合によるキャンセル代がかかることがあるのです。

あとで後悔しないためにも、契約前にきちんとチェックしておいたほうが良いでしょう。料金体系や説明の仕方などでひっかかることがあれば、違う業者を当たったほうが良いでしょう。

婚姻中に不貞行為があったために離婚するときに揉めて、離婚調停にまで発展することもしばしばあります。

とはいえ、調停の場では調停委員という人たちがついて裁判所内で協議が行われるため、当人同士や親戚内で話し合うよりもスムーズに済み、時間の引き伸ばしも最低限で済む点で頼もしいシステムです。気軽に考えていくのがいいでしょう。

不倫や素行調査を依頼すると費用がかかります。

気になるその支払方法ですが、古手の中堅以上のところでしたらローンを利用した分割払いやクレジットカードに対応しているところもあります。

すぐ不倫の調査を依頼したいのに、費用面が心配というときは、分割OKの事業者を見つけるといいのではないでしょうか。

勤務先で不倫カップルの存在が判明したとしても、あくまでも個人的な事象ということで、セクハラのように解雇はできません。ただし、採用時の契約書や就業規則の記載にある、公序良俗、および社内秩序、風紀等を乱す行為といった箇所に触れているということで、懲戒処分に相当しますが、現実的には口頭注意ぐらいで、厳しいお咎めはなしで曖昧に済まされることが多いです。

興信所、探偵社というものの中には怪しいサギまがいの業者がないわけではないので、依頼するなら事前に情報を集め、信頼ベースで選んだほうが良いですね。ところで、不倫調査を依頼しても、短時間で済む場合もあれば、その逆もあります。

調査に要する時間と代金は、よく確認して疑問点がすべて解消したところで契約を交わすと良いでしょう。

総合探偵社は相談を受け付けますが、話をするのが仕事ではありませんので、依頼する際には価格・値段が発生します。同じ調査でも調査員の業務内容により、支払い額が変わってきます。

素行調査ひとつとっても、短時間で済む場合もあれば、その逆もあり得ます。

ほかにも時間帯や日にちをどう設定するかで費用は変わりますが、所要時間が多ければ、必然的に価格・値段は多くなります。

もし不倫をしているなら、相手の妻が内容証明で不倫の慰謝料請求をしてくること事体、ありえないことではありません。慰謝料はいくらでもとれるというわけではなく、向こうが離婚したかどうかで差があります。

離婚もしていないのに多額の慰謝料を請求してきたときは、弁護士に連絡し、妥当性の有無や今後のことを教えてもらうようにしましょう。

一般的な追跡調査で探偵が使用していた機材といえば、かつては無線発信機を使用していたのですが、現在はより高い精度のGPSを使うところが多く、旧発信機の時代に比べると追跡性能が向上しました。

最近の高性能GPSというのは正確で、コンクリート製ガレージの内側等でもなければ追尾対象の場所の把握は簡単にできるようになっています。高性能の小型GPSを設置することにより、追跡調査の確実性は著しく増すのです。

相手がいるのに一線を越えてしまうのが不倫ですが、相手を替えて何度も重ねる例も少なくないようです。

交際相手とのやりとりが見つかって、一応反省はするものの、浮気相手と示し合わせて猫をかぶっている可能性だってないわけではありません。思い当たるフシがあれば、探偵業者の力を借りて、ガッチリ浮気の証拠固めをして、決着をつけてもらいましょう。興信所といっても、知らない会社に相談するのは勇気が要るものです。本名を名乗るのが不安なら、実名を伏せた相談に対応しているところも多いですから、そういったシステムを利用し、信頼できそうなところだと感じたら、そこで自分や対象の個人情報などを明かすという方法もあります。

浮気の定義は、個々の道徳意識によって異なると思います。

自分以外の異性に優しくしたとか、少しでも体が触れ合う(あるいはどちらかが触る)と浮気扱いする人もいますからね。

ちなみに法律の上では、肉体関係があれば「不貞」となります。まあ、穏やかな生活を送ろうと思ったら、浮気を連想させる行為やメール、SNS上のやりとりは控えたほうがいいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました