探偵に浮気調査を依頼する場合、結局のところ何を主眼に調査してもらう

探偵に浮気調査を依頼する場合

探偵に浮気調査を依頼する場合、結局のところ何を主眼に調査してもらうかを決め、事前によく話し合っておくことが重要です。

浮気をやめさせるだけにとどめておくか、離婚裁判を念頭に置いた不倫の証拠収集が目的なのかは、はっきりさせておかなければなりません。

依頼の内容次第では調査方法や裏付けのとりかたなどが変わってくるので、あらかじめ明確にしておきましょう。

探偵業者の職員になるには、普免はあったほうが良いかなという程度で、特に資格は不要です。

しかし、不倫調査などのように具体的な仕事をこなすには、スキルがしっかり身についているレベルにまで達していなければなりません。

そういった教育に配慮がないところでは、調査の現場にほぼ素人のアルバイトさんを投入していることもあるという話ですし、注意が必要です。

せっかくお金を払うのですから、相応の技術力を備えたプロが調査することが結果に繋がり、ストレスも最小で済むのです。

素行調査や証拠集めなどを探偵に依頼するときは、個人探偵ではなく法人(企業)に申し込むのがもっとも確実です。

きちんとした会社に仕事を依頼するには、何社かを比較してみることが大切です。

少なくとも標準的な料金は知っておく必要があるでしょう。

高額な請求をしてくる悪どい会社を見分けるには大事なことだからです。

浮気調査には、成功報酬タイプもある

興信所や探偵社で行う浮気調査には、成功報酬タイプもあることを覚えておくと良いでしょう。

証拠がなければ調査料金の請求もなくて、ラッキーと思うでしょうが、ターゲットの浮気の有無が曖昧(ややシロ)だったり、調査時間数が通常より多くなりそうな気配だと、引受できないということもあるようです。

当然ながら証拠をゲットする確率も高く、そのときにかなりの代金を請求されることがあります。

「証拠がとれるまで」を「時間無制限」とすると、費用もかさむわけです。

浮気した伴侶への仕返しは、やはり、信用失墜といった社会的な制裁が効果的だと私は思っています。

もっとも、それをするには確固たる裏付けがなければダメなのですが、きちんとした裏付けさえとれれば、後はとことん「報い」を受けてもらうことができます。

それでは気が収まらず、浮気相手の勤務先の上司や家族に知らせて溜飲を下げるという人もいないわけではありません。

転職や家庭崩壊など、さんざんな末路になるかもしれませんが、自業自得でしょう。

安い探偵なんて使わないほうがマシと言う人がいます。

おそらくそれは少し昔の話でしょう。

顧客は一見さんが多く、手抜きはバレないだろうと思われていたからです。

とはいえ現在は、ウェブを見ればまともな会社かそうでないかは利用者の口コミなどを見ればわかると思います。

安値ばかりにこだわれば品質が落ちてしまいがちですが、ただ高いだけのところに依頼したってしょうがないので、費用対効果がきちんとある会社を見つける手間を惜しまないことが大切です。

困ったことにダンナの浮気は、ほとんど病気なみに身についたもののようです。

どうも私と交際しはじめた頃も含めて、学校の後輩や同僚に、クラブの人や主婦まで、本当に見境がないんです。

根掘り葉掘り問いただす気はありませんが、浮気癖は直らないって言いますよね。

妻もいるのに、無責任にも程があると思いませんか。

謝られてもこれから一緒にいる意味がわからなくなったので、別居とかいうのでなく、即離婚でしょうね。

探偵社に任される仕事というと、その大半は身内の方による浮気調査です。

とりあえず、調査員がどのように浮気調査を行っているのかを取り上げてみました。

一般的な浮気調査では、まず、対象の追跡を行います。

依頼者なら相手の行動もある程度予測がつきますから、ここぞという日時に限定して追跡し、浮気の裏付けをとります。

不倫の現場をおさえる証拠は写真

一番明らかな証拠は写真ですね。

気が付かずに使っている方も多いですが、不倫と浮気はちょっとした違いがあります。

不倫とは、当事者の片方ないし両方に配偶者がいるのに、体の関係を持つことを指します。

こうした「不倫」の場合、不倫関係をもった当事者たちに慰謝料を求めることができます。

興信所に調査を依頼し、不貞行為の証拠を押さえ、慰謝料請求を送りつけることで懲らしめを与え、浮気相手とのつながりを確実に断つといった使い方もあります。

興信所や探偵社などを経営する際は、特に資格や免許などは不問といっていいでしょう。

ただ、業務の適正化と個人の保護のために施行された「探偵業法」に則り、少なくとも探偵業を始める前日までに、営業所の管轄となる警察署経由で、公安委員会に届け出を行い、探偵業届出証明書を交付してもらって、許認可を出してもらうことが開業の大前提となります。

無認可の探偵社は選ばない

安全のためには無認可の探偵社は選ばないことです。

人妻って浮気しないものだと思っていたのですが、先日同級生と久々に会ったら、ちょっと前に妻の浮気が判明したので、男の方を相手どって裁判を起こしたいと言っているのです。

ただ、裁判となれば裁判費用などがかかるのではないでしょうか。

あきらかな不倫の証拠を突きつけてやって、不倫相手に慰謝料の支払いを求め、交際も接近も徹底的に制限すれば良いのではとアドバイスしたんです。

なんだか妙に納得されました。

本気じゃないとか遊びだとか言い繕ったところで、妻からすると不倫は人生観さえ変えかねない大問題です。

信頼を裏切る浮気を野放しにすることはできません。

不倫の証拠収集というとやはり一番にあげられるのは携帯(スマホ)ですね。

メール履歴がなくても、フリーメールやSNSを使って不倫相手と連絡をとっている可能性があります。

ダンナの不倫や隠し子などの探偵事務所を訪れるというドラマの展開は、しばしば見かけたりします。

ときには「素人探偵」が活躍したりもして、わざわざお金を出して頼むまでもない気がしますよね。

しかし、たとえば警戒している調査相手にわからないように追跡し、バッチリのタイミングで写真を撮るというのは初心者には到底無理です。

先方にバレては余計なトラブルに発展しかねませんし、探偵の仕事はプロに一任したほうが良いでしょう。

興信所や探偵を利用する事由の大半は、パートナーの不貞行為の追跡調査でしょう。

奥様の第六感的にあやしいから、とりあえず不倫の有無だけ知りたいという依頼から、裁判で有利になる証拠が欲しいという依頼まで、目的をはっきりさせれば、いくらでもそれに応じてくれるはずです。

特に、不倫の相手方に慰謝料を請求するときは、はっきりとした裏付けをとるためにも仕事慣れした探偵に頼むのが賢い選択でしょう。

里帰りや同窓会など、再会のシーズンは要注意。

浮気のきっかけになる可能性が高いです。

かつて好きだった人と気軽に喋れたり、同じ学校で席を並べていたという気易さから性別の垣根が取り払われるので距離が一気に縮まります。

そういった再会を機に配偶者が不審な行動をするようになったら、浮気を疑ったほうがいいでしょう。

いまどきの探偵業界の傾向として、相談までなら無料というところが増えてきました。

贔屓の探偵社がある人なんていませんから、これは是非とも活用したいサービスです。

よく話をきいてくれるか、良い会社かを見極める上でとても参考になるでしょう。

専任のスタッフを置いているところもありますし、話すことにより、漠然とした不安や現在の状況などを整理することもできます。

アラサーの会社員です。

妻はひとつ年下で専業主婦をしています。

私にとっては青天の霹靂ですが、一昨日、同僚の男との浮気が判明。

しかし、妻は謝るどころか色々理屈をつけてきて、以降、口をきいてくれません。

別居のほうがまだマシです。

妻から傷つけられるとは思いませんでした。

このままにしておくつもりはありません。

何か手を打とうと思っています。

探偵社の調査員になって5年目ですが、比較的件数の多い仕事といえば浮気調査でしょう。

証拠を押さえるためには調査に慣熟したプロであることのほかに、勘や要領の良さも要すると思います。

その上、突発的な事態に対し、素早く働く知恵が必要なのですが、その間違いを極力ゼロに近づけなければいけません。

対象となる人物に調査案件が知れてしまえばクライアントの利益を損なうことに繋がるため、用心に用心を重ねるのがプロの探偵です。

普通、離婚となると、不倫していた親のほうは子の親権を奪われやすいと誤解されがちです。

道義的には分かるだけに無理もないのですが、本当のところは違います。

調整や裁判での子供の親権というのは、日常的に子と生活を共にしているかとか、どれくらい育児に関心を持ち、かかわっていたかなどを重くみる傾向があります。

つまり、子供の生育に適した環境かがカギなのです。

配偶者の不倫行為が発覚したら、ベストな対応をするべく、心を落ち着けるのが先決です。

いまさら夫婦関係を続けていくことに抵抗があれば、離婚と慰謝料といった問題も出てきます。

一人で考えても埒が明かないので、二人で会って、これからどうするかしっかり話をしておきましょう。

いざ利用しようと思うと気になるのが興信所と探偵社の違いです。

実際、扱う仕事は違いがないですし、名前のみと考えていただいて良いでしょう。

離婚の請求事由として浮気をあげる場合は、第三者にも浮気が分かるような証拠がなければ立証できず、不満足な結果に終わってしまいます。

自分で証拠を得ようにも相手にバレたらおしまいですし、ちゃんとしたノウハウを持った業者に頼むほうがスムーズに離婚できると思います。

また、不倫相手に慰謝料の支払いを求める際も役立ってくれることでしょう。

夫の浮気予防になるよう、私がいま気をつけていることは、大切な人のことを無闇に否定したりしないことです。

相手に望むことがあっても、我の強い妻と思われないよう、本気の言い合いになりそうなことは(思っていても)言いません。

また、相手の収入や仕事をおとしめるような発言も慎むようにしています。

男の人のプライドを大事にして、身仕舞いに気をつけ、女性らしい立ち居振る舞いを忘れないでいると、家庭内も円満で浮気される心配もないと思っているんです。

婚姻関係にない不倫の関係であっても、生まれた子の認知請求ができ、一般的には子供の母親から父親に対して行われます。

一度認知させれば子供の養育費などを請求できるため、親子関係では非常に重要な手続きとなります。

不倫の場合、諸事情により認知を渋ることもありますが、そのときは裁判になることもあります。

つまり子供ができてからでは遅く、その前に関係を解消できなければ、いずれ大きな金銭的負担も覚悟しなければなりません。

興信所や探偵に調査を依頼するなら、まずそこの評判を調べるのが大事です。

評価が低いところでは、不当に高い料金を請求してきたり、満足な調査をしていないこともあるようです。

ある程度、安定した評価を維持している会社に頼めば、法外な代金をとられることはありません。

何より、良い仕事をしてくれると思います。

どの業界でもそうですが、探偵でもとんでもないインチキな会社もあるのが現実です。

安易に依頼せずにクチコミなどをみて検討し、信用できそうな会社を選ぶことが大切です。

ごく普通の素行調査(浮気等)でも、確実な裏付けを優先すると、所要時間はやや流動的になります。

調査費用、所要期間(時間)等については、わかるまでよく説明してもらった上で依頼しましょう。

興信所や探偵選びで迷ったら、調査相手には行動範囲があるわけですから、対象地域に営業所があるかどうかウェブで探してみると候補がおのずと絞れてきます。

そこそこ絞り込みができたら、電話をかけて、相談しましょう。

現場の人と話をしてみないことには、良さそうな探偵社かどうかなんて判断しようもないです。

電話から最初の一歩を踏み出しましょう。

パートナーの不倫を疑って探偵業者に調査を依頼する際は、ある程度まとまった資金を要します。

探偵業務にかかる費用は、一例をあげれば、浮気の素行調査などで3日で12万ないし14万くらいをみておくと良いでしょう。

時間と日数、依頼内容によって請求額は変動しますので、どのような調査を依頼する際でも50万から60万くらい用意しておくと良いでしょう。

以前も夫は浮気していたのですが、再びそんな素振りがあったので、探偵を頼もうとウェブで調べたところ、出るわ出るわ、自社サイトを持っているところって意外と多いんですね。

比較のために何社か連絡してみたのですが、一番感じが良かった会社に調査してもらいました。

調査を頼むぐらいだから限りなくグレーなんですけど、証拠を見てしまうと、やはりショックでしたね。

名前の違いで悩む人がいるようですが、今の時代の興信所と探偵社の差はその名称のみと考えていいでしょう。

調査と報告が業務であるという点はどちらも共通しています。

不倫調査という点でいえば、どちらに頼んでも問題はありませんから、自分が信頼できるところに依頼すれば良いのです。

ただ、ある程度の得意分野だのはおのおのの会社で違ってくるので、事前に調べたり質問しておくことが大切です。

探偵に不倫調査をしてもらったあとで、追加で料金が必要になることもあるようです。

ただ、契約時に交わした書類には、オプション付加条件や料金テーブルが書かれています。

このことからも、契約書をよく確認しておくべきでしょう。

疑問に思ったり心配なことがあれば、契約を交わす前に今一度確認させてもらうことが大事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました