夫の浮気予防になるよう、私がいま気をつけていることは、むこうの言い分や趣味など

夫の浮気予防のためにチェックしたいこと

夫の浮気予防になるよう、私がいま気をつけていることは、むこうの言い分や趣味などすべてを受け入れることです。

要望やお願いはいっぱいありますが、本気の言い合いになりそうなことは(思っていても)言いません。

また、妻として家計管理に気をつけて不足があれば相談し、けして責めることはしません。

男性の自尊心を優先し、外見にも気を遣い、自分の中の女である部分に磨きをかけておけば、夫婦円満で不倫もないと考えています。

面倒くさがりの夫があんなに嫌っていたSNSに最近やたらとハマっています。

携帯も隠すし、ついに浮気されちゃったのかと、ショックを受けました。

知り合いかそうでないのか確かめようと、携帯をチェックしようとしたら、こともあろうにしっかりロックされていて、わかりませんでした。

私が怒れば黙ってしまうに決まっていますから、最終的には探偵の出番かとも思うのですが、妻のお金の出どころって旦那なんですよね。

どうしたらよいのか、二の足を踏んでいます。

 

不倫の行動追跡調査とターゲットは夫

不倫の行動追跡調査で、調査対象者の関係先をあたって情報を集め、クライアントに報告する探偵業というのは違法なのではと不安に思う人も少なくありません。

ご心配なく。

探偵業法を遵守していれば違法ではありません。

法律自体は平成19年6月に施行されましたが、それまでは興信所や探偵といった調査業者への明確な規制がなく、個人情報を悪用した犯罪や、不適切な営業(契約)などのトラブルを防止するために策定され、現在に至ります。

32歳の主婦です。

6つ年長の夫と子供たち(8歳、6歳)と、実家の二世帯住宅に暮らしています。

夫の浮気が判明するまでは普通の家族でした。

しかし先週、親を含めて話し合い、仲人さんにも話して、離婚することになりました。

親権は私ですが、母子家庭として子供二人をきちんと養っていくのです。

私の怒りや戸惑いは後回しにして、弁護士の方にお願いし、夫には養育費と慰謝料を合わせたものを、交際相手には慰謝料の支払いを求め、公正証書というのを作ってもらいました。

子供も小学生で手もかからなくなってきたので、パートに出て、子育てのことで親身になってくれた男性社員さんと、不倫関係をもつようになりました。

ずっと家庭から出ず、のんびりと主婦してただけなので、軽率なところもあったんでしょう。

挙動があやしいと、夫も早いうちに気づいたみたいで、あちらの奥様とこっそり談合され、先方は別居、私は離婚で慰謝料も支払うということになってしまいました。

最近は興信所も探偵も、取り扱い業務は同じだと考えていいでしょう。

離婚裁判などで配偶者の浮気を請求事由にするつもりなら、配偶者の浮気の確固たる裏付けがなければ立証できず、不満足な結果に終わってしまいます。

一般人がプロ並みの証拠をゲットするのは困難

しかし一般人がプロ並みの証拠をゲットするのは困難ですし、そっちのプロである興信所や探偵事務所に依頼すれば、離婚時の精神的な負担や時間を軽減してくれます。

離婚だけでなく慰謝料を要求するときだって重宝するはずです。

探偵を使い慣れている人はいないでしょう。

浮気調査をしてもらおうと決めたところで、依頼先選びに苦慮するのは普通だと思います。

業者は公安委員会に届けを出す必要があり、申請が通ると所轄の公安委員会の名前で認可番号が交付されるので、正規に開業している業者か、違法な業者かは、この番号で分かるというものです。

つまり、業者のウェブサイトに許認可番号の掲載があるかどうかをチェックしましょう。

たとえ大手だからといって100パーセント素晴らしいとは言いませんが、探偵業界では大手業者に依頼すると安定した仕事をしてくれるように思います。

規模の小さな会社では、ろくすっぽ仕事もしないくせに代金の支払いを求めてくる会社や料金が不明確だったりする会社もあります。

また、親切に相談にのってくれるかどうか、契約や料金についてきちんと説明があるかも、重要です。

不倫行為が露見した場合、慰謝料の支払いが発生することもあります。

相手がきちんとした裏付けをとっていれば、やっていた方は明らかに分が悪いです。

慰謝料の額は実際、引越代(60万程度)からその10倍くらいまでと大きな違いがあるようです。

支払いがつらければ、現実的な支払額になるよう相談することはできます。

結果、条件変更してもらえた人もいるようですよ。

スマホのGPS機能といっても効果はあまり

 

ハイテクが日常生活に浸透している現代では、GPS機能を使えば、浮気が懸念される人の位置情報を簡単に見つけられるようになりました。

スマホのGPS機能といってもONにしておかなければ意味がありませんが、それを相手に持ってもらうことで、かなりの精度で今いる位置を特定できてしまうのです。

マナー的にはともかく、法律に触れることもないため、独力で浮気を発見するにはGPSを使えば便利だと思います。

興信所に頼んでも結果が出ない場合がありますが、例えば配偶者の浮気の証拠が欲しいという依頼で、相手が(少なくとも調査期間中は)無実だったケースです。

しかし日数ではなく、調査能力不足によって結果が得られないといった例もあるでしょうし、仕事を発注する探偵社のクチコミ等を事前にリサーチしておくことで回避できるでしょう。

あとは、依頼者と探偵がお互いによく話して疑問点を解消するのが良い結果に繋がることも覚えておいてください。

不倫関係を精算したきっかけで一番多いのは、当然かもしれませんが、浮気の事実が露見したから、ですね。

だから証拠さえ見つければOKかというと、自分でやるのは難しく、気分的にも良いものではありません。

どうしたって探偵事務所や興信所等に怪しい点を探ってもらうのが、もっとも効果的なのではないでしょうか。

ただ、これは怪しいと気付くのはやはり自分以外にその役目を果たすものはありません。

探偵社の調査代金の精算方法について

探偵社の調査代金の精算方法についてですが、全国展開しているような大手だとクレジットカード払いやローンでの分割払いが可能という会社もあるようです。

不倫現場を押さえるチャンスは今しかないけど、代金の都合がつかないという場合は、分割での支払いに対応してくれる探偵社を中心にリストアップしていくのも良いかもしれません。

不倫調査で興信所を利用するなら、標準的な価格相場ぐらいは知っておくべきでしょう。

個人情報を元に違法な請求をふっかけてくる事業者もあるので、身を守るためでもあります。

また、安価な価格設定で顧客を誘い、規定外作業や割増時給だの、追加料金で底上げした高額な請求をつきつけられることもありますから、追加料金の発生条件等も、きちんとした説明を求めるようにしましょう。

どのへんまでを浮気というのかは、人それぞれというほかないでしょう。

自分以外の異性に優しくしたとか、二人だけで出かけたら浮気と感じる人もいます。

不倫は民法でいう離婚事由であり、性交渉を持つと不貞行為になるものの、結婚生活に波風を立てないためには、浮気を連想させる行為やメール、SNS上のやりとりは慎むにこしたことはありません。

浮気調査を探偵に依頼したものの、あとになってオプション料金が発生することがあります。

ただ、契約時に交わした書類には、オプション付加条件や料金テーブルがはっきり書かれているはずです。

そういった理由からも、契約書をじっくりと読んで理解しておくべきでしょう。

よくわからないことがあれば、依頼前に質問して、解消しておくのも重要ではないでしょうか。

当人たちからすればリフレッシュやお遊びでも、された側にとっては浮気は人生を揺るがす一大事でしょう。

そんな身勝手な行動をしたい放題にしておくなんてもってのほかです。

相手の浮気を裏付ける方法というと身近なところで携帯電話の電話帳や履歴のチェックです。

肌身離さず持っているようなら、メールやラインなどを使って連絡をとっていると考えるのが妥当です。

浮気調査はとてもプライベートなことですから、相手が探偵社でも簡単に個人情報を開示するのはイヤと思う人はけして少なくありません。

依頼が確定するまでの見積り段階では、個人が特定できる情報はなくても対応してくれる業者も多いですし、まず聞いてみることが大事です。

でも、仕事として発注する場合は具体的な契約を交わすわけですから、そこで必要な個人情報の開示は避けることができません。

不倫相手の奥さんから、慰謝料を求める内容証明郵便が届くこと事体、ありえないことではありません。

慰謝料はいくらでもとれるというわけではなく、あちらが離婚しないか、したかによって大きな違いがあります。

離婚に至っていないにもかかわらず慰謝料として高額な金銭を要求されたら、冷静になって、弁護士に入ってもらうべきです。

これから探偵を雇うつもりでいたら、その調査にどれくらいかかるかの平均的な費用というものを知らないと、悪徳業者と普通の業者の区別もつきません。

おおむね2時間の調査で2万円超は想定していると妥当だと思います。

たとえば追跡調査の時間数や日数を増やしたりすると、支払い額に確実に影響してきますから、支払い可能な金額を超えないように気をつけましょう。

探偵業者が不倫や素行調査を行う際は、映画やドラマの探偵のような手法で探索を行うこともあります。

相手の尾行はお手のものですし、張り込みもします。

交友関係を絞っていき、ときには彼らから情報を聴取するなどの調査を行って精度をあげるようにします。

それに、あくまでも企業秘密で、依頼者にも開示しない調べ方がないわけではなく、頼まれてもお答えできないとのことでした。

探偵業者と一口に言っても、中には悪質でいい加減なところもないわけではないので、ネットでクチコミをチェックするなどして、堅実な会社に依頼すべきです。

また、不倫の追跡調査等でも、確実な裏付けを優先すると、所要時間はやや流動的になります。

調査費用、所要期間(時間)等については、よく確認して疑問点がすべて解消したところで依頼するようにしましょう。

不倫の調査を興信所にさせるなら、個人情報を伝えずにしてもらうことは正直ムリですので、なるべく信用のおける業者を選びたいものです。

安いアルバイト調査員がいるところなどに依頼したら、未熟な調査能力のせいで予期しなかったトラブルや金銭問題になる危険性もあります。

そんな状態を避けるために、あらかじめ情報集めをして、信頼するに足る会社に依頼するようにしましょう。

探偵業者の選定には誰しも迷うと思います。

調査相手には行動範囲があるわけですから、対象地域に営業所があるかどうかインターネットで調べれば、数はかなり絞り込めます。

クチコミなども参考にして選んだら、電話をかけて、調査してほしいことを伝えてみると良いでしょう。

相手は専門家ですが、話をしてみないと、誠実そうな会社かどうかも判断がつかないですし、同時に疑問点も聞いてみると良いのです。

クラス会やOB会では不倫に走るきっかけになることが本当に多いです。

好きだった人が素敵な大人になって現れたり、級友同士ということで異性であることをあまり意識しないため、居心地の良さや癒しを感じる人が多いそうです。

同窓会出席を契機に、相手の様子がおかしければ、ひょっとすると、浮気しているかもしれませんよ。

単純作業に思われがちな浮気の尾行というのは、探る相手が顔見知りですから、調査していることに気づかれやすい上、感情に任せてトラブルになる可能性も否定できないのではないでしょうか。

興信所の調査員に依頼すると、追尾や浮気の証拠集めに必要なノウハウも機材もあるので、自分や知人などが調査するより確実に不倫の証拠を得られるはずです。

トラブル回避のためにも利用をお勧めします。

浮気と不倫。

違いがあるのをご存知ですか。

厳密に言うと不倫は、双方か片方に配偶者がいて、それなのに性的関係を持つことをいいます。

ですから不倫の場合、相手にも配偶者にも慰謝料の支払いを申し立てることができます。

相手が油断している間がチャンスです。

探偵業者に依頼して、浮気の確かな証拠を入手し、賠償請求を相手に突き付けることにより現実を見せ、きっぱりと別れさせることにも役立ちます。

調査費用の支払いは、探偵社の場合は現金オンリーというわけではなく、たとえば全国展開している大手などでは支払いはクレジットカードでもOKです。

明細書に記載される表示に配慮している会社も少なくないので、興信所や探偵を利用したことが分かることはありません。

クレジットカード加盟店になるには審査も必要ですし、信頼度のちょっとした目安にもなると思いますよ。

探偵を頼むなら、能力の高いところに依頼したいものです。

どんなところが高い技量を持つかというと、企業としての大きさが一応の目安にはなると思います。

広いエリアで加盟会社や協力会社を持つ大手の探偵社なら、最先端の機材や捜査手法の研究に努めており、他社より一歩も二歩もリードしているという良さがあります。

一般的に大手の会社というのは、調査員はもちろん内勤の相談員などのトレーニングや精度アップに熱心であり、必然的に仕事の品質に大きく影響してくるのではないでしょうか。

スマホユーザーが増えた昨今ではそれがきっかけで不倫が露見するといったケースが少なくありません。

高機能のスマホが生活に欠かせなくなっている現在、メールやLINEなどに配偶者の不倫の証拠が隠されていると考えるのが妥当でしょう。

しかもロックをかけているのだったら、おそらくスマホの中は不倫や浮気の証拠だらけと思われます。

警戒心もあるため一筋縄ではいかないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました