岐阜の浮気調査

32歳の主婦です。6つ年長の夫と子供たち(8歳、6歳)と、実家の二

投稿日:

32歳の主婦です。
6つ年長の夫と子供たち(8歳、6歳)と、実家の二世帯住宅に暮らしています。
先月半ばに彼の職場不倫がわかり、家族会議の結果、離婚が本決まりになりました。
まだまだ手のかかる年齢の子供を、今後は私がひとりで育てる理由です。
簡単なことではないでしょう。
感情的に揺れている自分が上手に対処できるとは思えなかったので、弁護士(裁判ではないですよ)を介し、彼とその交際相手に対する慰謝料や、養育費(生活保護基準方式に基づいて算出されるようですが、子供一人あたり2万円から4万円くらいの金額であることが多いそうです)の話を進め、最終的に公正証書に仕たててもらったのです。身内からの指摘で主人の浮気の疑いが濃厚になったので、インターネットで「探偵 不倫」で調べてみたのですが、該当ホームページがぞろぞろ出てきたのでびっくりしました。
何社か問合せをしていくうちに、応対が優れていて値段も高くない会社に依頼しました。
わかってて依頼したものの、証拠写真(ポイントを押さえて撮ると、出来上がりが格段に違ってくるでしょう)は私が見て充分判別がつくほどでしたし、あれには頭の奥がスーッと冷えました。
クラス会やOB会では既婚者同士の恋愛に発展する危険性が高いです。かつて好きだった人と気軽に喋れたり、級友同士ということでお互いが男性(女性)であるといった意識(失ってしまうと、時に生命の危険があります)が希薄になり、その時の出会いは普段より運命的に感じられるそうです。
クラス会が終わってから、挙動が怪しいと感じるようなら、限りなくグレーなところにきているのではないでしょうか。ほんの出来心であろうと、不倫の対価は高くて当然です。
パートナーがどういう態度をとってくるかによっても違いますよね。ただ、家庭が滅茶苦茶になったり、養育費(生活保護基準方式に基づいて算出されるようですが、子供一人あたり2万円から4万円くらいの金額であることが多いそうです)や慰謝料の支払いが生じたりもします。不倫なんていうものは、露見してしまえば一般的な幸福や信用、金銭など多くのものを犠牲にしてこれからを生きていかなければなりません。
子供のいる親が離婚する時は、離婚の原因となったかどうかはともかく、浮気していた方の親は子供の親権を取得するときに不利だと思われているみたいです。倫理的に言うとそうかも知れません。ただ、裁判所はちがう考え方をします。
子供の親権というものは、裁判では子供と生活上きちんと接しているか(同居が前提)や、子育てに対する積極性等に重点を置いて判断します。
つまり、子供の生育に適した環境かを重視して判定するのです。
中堅どころの探偵社に探偵として勤務している者です。
最も依頼が多いのが不倫調査です。しっかりした裏付けを得るには相応の経験とカンが不可欠だと思います。
想定外のことがたくさん起きますし、それを速やかに対処する判断力も大事です。
なにより、対象人物に浮気調査がバレてしまうことが問題で、依頼人を推定しやすいということからも、最大限の用心をしつつ調査につくのがプロの探偵です。
探偵の仕事といえば、ほとんどの人が尾行を想像することでしょう。ターげっと〜となる人物に絶対に気取られないよう移動を共にし、素行をチェックしたり、証拠を入手する仕事です。
調査が発覚し立というケースは極めて稀ですが、探偵は調査対象者の行動をある程度、見越しておく必要があります。
どんなに突発的な行動をとられても、最善の判断で職務を遂行するのが探偵の業務です。相手に知られては依頼者の不利になるので、必死です。
どのへんまでを浮気というのかは、それぞれの価値観や倫理で違いがあるみたいです。
異性の中では常に自分を最優先しなければ浮気あつかいする人もいれば、腕や体などを密着させる行為があるだけでも浮気し立と言って怒る人もいます。
実は不倫には法律上の定義があり、肉体関係が生じた段階で不貞行為と認識されます。
順風満帆な結婚生活を続けたければ、いかにも浮気ととられかねない行動は控えたほウガイいです。
不倫がわかり、離婚調停や裁判ということになれば、浮気の証拠が不可欠です。どのようなものでも証拠になるという理由ではなく、客観的に見て肉体的な交渉があることが判断できる手紙やメール、配偶者とその相手がホテルから出てくる写真(ポイントを押さえて撮ると、出来上がりが格段に違ってくるでしょう)や、交際相手と交換した念書、旅行メモ等です。また最近は、スマホのフリーメールやラインの履歴が証拠として採用されることも多くなりました。興信所と探偵。
何か違いがあるのではと思う人もいるみたいですが、現代ではその違いは単なる社名の違いと思って頂いて構わないでしょう。双方とも探偵の業務を行うという点では共とおしており、開業には共に公安委員会の認可が必要です。不倫調査という点でいえば、同じと考えて問題はないですし、裁判の証拠として差が出る理由でもありません。
もっともジャンルごとの得手、苦手は、業者によって異なるため、事前に調べたり質問しておくことが大切です。いざ探偵を頼もうと探してみると、想像以上の数が出てきて驚くのではないでしょうか。
やはり人気を持とに選ぶのがいいでしょう。
ちょっとウェブで調べてみると、探偵業者のクチコミや営業所レベルでの対応などを見ることができると思います。地域性もある仕事ですから、地元近辺で総合評価が良い事業者を選び、依頼すれば、調査もしっかりやってくれるでしょうし、しっかりと浮気の証拠を押さえてきてくれるでしょう。
不倫していたことが問題になって離婚話がうまく進まず、離婚調停にまで発展するケースは少なくありません。
家庭問題に慣れた複数の調停委員が同席して裁判所内で協議がおこなわれるため、当人同士や親戚内で話し合うよりもスムーズに済み、時間の引き伸ばしも最低限で済むという良さがあります。気軽に考えていくのがいいでしょう。
探偵社を使い慣れた人はいないと思いますが、時にはとんでもないインチキな会社もあったりしますから、評判をよく調べ、信頼ベースで選んだほうが良いですね。
また、不倫の追跡調査等でも、短時間で済む場合もあれば、その逆もあります。
どのような調査でどれくらい時間と料金がかかるのか、わかるまでよく説明してもらった上で依頼するようにして下さい。探偵に不倫調査をしてもらったアトで、オプション料金が発生することがあります。
その時は、まず契約書を確認して下さい。
そこには追加料金について書かれています。そういった理由からも、契約書をじっくりと読んで理解しておくべきでしょう。
もし不明な点があるのなら、きちんと契約前に確認しておくのも重要ではないでしょうか。どの業界でも変わらないことですが、探偵業界の競争も激化しており、格安価格を売り物にしたり、なんでも時給換算で明朗会計なんていう業者も増えているみたいです。ただ、状況に応じて追加料金が必要な例もあり、アトになって料金が割高になることもあるので、調査を依頼する前に、価格や内容をよく確認し、最終的に割高だった!なんて結果を招かないよう気をつけて下さい。
よくあるサービス業の対価に比べると、不倫調査で探偵を利用するコストはけして安いものではありません。
でも、安さ重視で業者を選んでも、肝心の不倫の裏付けができなければ、無駄遣いもいいとこです。
大事なのは調査の能力の高さですが、高値設定のところほど、優秀で良い探偵社であるかというと、素人目には判断がつきかねます。
浮気を証明する写真(ポイントを押さえて撮ると、出来上がりが格段に違ってくるでしょう)といったらやはり、ふたり連れ立ってラブホテルから出てくるシーンなどは、はずせないです。
撮るだけなら自分でもできそうだと考えるかも知れませんが、肝心の画像が上手にとれないことが少なくありません。裁判や慰謝料請求などで使えるレベルの写真(ポイントを押さえて撮ると、出来上がりが格段に違ってくるでしょう)を撮影しようと思ったら、探偵に依頼したほうが賢明でしょう。
以前に比べSNSに抵抗感のない人が増えてきて、それが元で不倫が判明するというパターンも多くなりました。
もし休日や夜間にもか代わらずSNSをやたらと更新するようになったら、浮気相手と連絡をとっていると考えていいでしょう。スマホやSNSへの警戒心は、ある意味、浮気の指標にもなるのです。不倫された事実に気づい立ときは、どうしたって頭の中が真っ白になってしまうでしょう。
しかし激情が通り過ぎたアト、冷静になってきたら、その許しがたい行いへの対策をたてて下さい。
そもそも不倫は、した人間の方に責任があるのです。
精神面ではわだかまりが残るとは思いますが、あなたが苦しんだ分の慰謝料は、請求して下さい。
不倫行為が露見した場合、ただ単に別れるのではなく、慰謝料の発生も考慮しなくてはいけません。
浮気の証拠を提示されてしまえば、本当に潔白でもない限り、逃れることはできません。
だいたいの支払額ですが、引越代(60万程度)からその10倍くらいまでと幅があるみたいです。
払える見込みが立たないときは、分割期間の変更や減額を頼んでみることもできます。

-岐阜の浮気調査

Copyright© 岐阜の浮気調査※安い費用・即日対応できる実力派探偵事務所 , 2019 All Rights Reserved.