岐阜の浮気調査

夫婦2人と子供2人(小1、小3)で夫の実家の隣に家を建てて暮らしてい

投稿日:

夫婦2人と子供2人(小1、小3)で夫の実家の隣に家を建てて暮らしています。しかし先月、彼が同じ職場の女性と不倫関係にあったことがわかり、夫婦双方の親同席で相談し、離婚が本決まりになりました。
親権は私ですが、母子家庭として子供二人をきちんと養っていくのです。
感情的にはもやもやが残りますが、弁護士(裁判ではないですよ)を介し、浮気相手への慰謝料の請求と、夫への慰謝料および養育費の請求だけは行い、公正証書という形で残しました。
探偵慣れしている人は少ないでしょうから、もし業者選びに迷ったときには、そのままでいるより、電話したほうが絶対スッキリするはずです。業者の場所や連絡先等は、広告でも見かけますし、インターネットでも見ることができます。
相談しながら調査内容を設定していき、だいたいの費用の目安の見積書が作成されます。
初回見積り無料の業者さんも多いですから、価格と調査内容を照らしあわせて考えてから依頼することもできます。
私も会社に所属する探偵として長年やってきましたが、一番多いのは浮気の調査ですね。もちろん、その証拠を集めるにはカンやコツのようなものもありますが、習熟も不可欠です。地道といいつつも予想外の出来事は多く、速やかに対処する判断力も大事です。
対象となる人物に調査案件が知れてしまえば発注者の安全と利益を損なわないよう、細やかな注意を怠らないことがプロの探偵です。テレビでは見るものの、実際に探偵を利用したことのある人は少ないはず。浮気調査をしてもらおうと決めたところで、どこが良いやらピンとこないのが当然です。
個人ないし法人が探偵業務を取り扱う際は、公安への届出が必要で、申請が認可されると認可番号が交付されます。
届出をした正規事業者であるかはこの番号で分かるというものです。
大事なことですので、業者の公式サイトや宣伝広告等に番号の掲載があるかどうかをチェックしましょう。性別にかかわらず不倫している人は、自然と「うつ」になっている人が少なくありません。
考えられることは、やはり精神的なストレスでしょう。どちらかが結婚していたり、あるいは両方が既婚で家庭があったりすると、喜びもある一方で不倫の徒労感や不信感などを心の中に抱えることが多くなり、それがウツにつながるのですね。
そして、裏切られた配偶者もまた、不眠やウツなどの症状を抱えやすいです。
もし不倫をしているなら、相手の妻が慰謝料の請求を内容証明郵便で送ってくること事体、ありえないことではありません。
気になるのがその金額ですが、相手側の離婚の有無で変わってくるものです。離婚もしていないのに一般的ではない多額の慰謝料を要求された際は、いったん話を収めてもらい、まずは弁護士事務所に相談するようにしましょう。ごく稀ではありますが、探偵に不倫調査をしてもらったあと、金銭面で揉めたパターンもあります。当初の見積りのほか、諸経費や高額の別料金が盛り込まれたり、あわてて契約の解除をしようにも、キャンセル料をとられることがあります。
やはり、契約前にきちんとチェックするのが必要だと思います。
料金説明をしぶったり質問に答えてくれないようなら、ほかのところを探せばよいのです。
配偶者の不倫を疑って探偵に調べてもらうときは、調査対象の行動範囲や時間的パターンなど詳しい情報を伝えるほうが調査しやすく費用も抑えられます。
何もかも調査員にやらせようとすると、ゼロからの積み上げで調査する分、時間と手間がかかり、それが費用に反映されてしまうのです。
側にいるからこそ気付くことはあるはずですし、とりあえず記録や観察に努めると良いでしょう。浮気調査を探偵に依頼して、証拠を掴み、不倫関係を解消させるまでいったのに、繰り返すことがあります。連絡せず遅い時間に帰宅することが増えたり、メール履歴などでまたあの不倫が始まったのかと相談に訪れる人も少なくないです。
そもそも前の浮気時の対応が手ぬるかった可能性も高いので、次はないということを実感させるような厳しい措置が大事だと思います。
もし配偶者が浮気していた場合、慰謝料の支払いを求めることができます。しかし利害がかけ離れた人間同士で話し合いを持つと、感情的な理由が根本にあるためか、結論にたどり着く前に多大な労力を必要とします。ことによると裁判に発展することもあるわけで、そうなれば弁護士に相談し、無難なところでまとめあげてもらうというのも手です。
全部がそうというわけではありませんが、探偵社では相談の段階までは代金をもらわない(タダ)というケースもあるようです。
複数の会社に相談することもできますから、依頼前に是非とも活用したいサービスです。
よく話をきいてくれるか、良い会社かを見極める助けになるでしょう。
ベテランのスタッフと話をすることで、頭の中でもやもやしていた問題を整理できるのは、大きな進捗ではないでしょうか。興信所に頼んでも結果が出ない場合がありますが、例えば浮気の素行調査等で追尾対象の行動的にシロだったという事例です。
ただ、調査員の調査能力が不足していることにより、満足な結果が出せないときもあるわけで、興信所や探偵会社のクチコミを契約前に確かめておくことはとても大事なことです。
また、探偵や相談員とよく話し合うことも納得の秘訣だと思います。探偵社と興信所の違いはなにかと聞かれることがありますが、していることは同じだと考えていいでしょう。離婚の請求事由として浮気をあげる場合は、第三者にも浮気が分かるような証拠がどうしても必要です。
自分で証拠を得ようにも相手にバレたらおしまいですし、そっちのプロである興信所や探偵事務所に依頼すれば、結局のところ一番ラクに確実に離婚できるのではないでしょうか。離婚だけでなく慰謝料を要求するときだって有効です。
ろくでもない探偵を雇ってしまうと、満足な調査が行われなかったり、お金を溝に捨てるようなはめになります。
事務所に相談に行った際、碌な説明もなしに契約を促したりする業者は用心してかかるべきです。断ったり、返事を保留にして帰ったあとで、何度も電話をかけて契約を執拗に迫るのも、たちの悪い業者によく見られる傾向です。
真面目に営業している探偵、興信所ではまず行わないようなことでも平気でしてくるのです。配偶者の不倫を疑い、探偵事務所を訪れるというドラマの展開は、そんなに珍しいものではありません。素人が探偵と一緒に行動するシーンもあって、自分でもできるような気がしてしまいますが、実際には、相手(関係者含む)が疑わないよう尾行し、写真などの証拠を得るのは、非常に難しいです。
相手にバレて逆に激昂されたり揉めるといった事態を避けるためにも、探偵の仕事はプロに一任したほうが良いでしょう。
浮気を証明する写真といったらやはり、交際相手と一緒にラブホから車で出てくるシーンは決定的です。個人でも良い機材があれば撮影できるかもしれませんが、よほど高性能なレンズでない限り不鮮明になることが少なくありません。確固たる裏付けとなるような高画質で撮影したいのであれば、そういった仕事に長けている探偵を利用するほうが現実的です。
ふつうの金銭感覚でいうと、調査会社に頼んで浮気調査をしてもらうときの料金は、高いように感じることがほとんどでしょう。
そうは言っても、格安や一律を謳う探偵に依頼して、浮気調査の成果そのものが得られなかったり、追加料金が発生しては、お金の無駄どころではありません。
理想から言えば、調査能力を第一に考えるべきですが、すごい料金をとっていても相応の調査能力があるかというと、難しいところです。過去には安い探偵というのは使い物にならないと言われていた時期もあります。
素人には調査の良し悪しなんてわからないですからね。ただ、最近はインターネットがあることですし、まともな会社かそうでないかはブログや掲示板などを見ればかなり詳細に分かるようになりました。
安すぎる業者を選んで失敗する例もある一方、ただ高いだけのところに浮気調査を依頼してもバカを見るだけですから、費用対効果がきちんとある会社を見つける手間を惜しまないことが大切です。
懐かしい同窓会やサークルのOB会などの出会いは、禁断の恋に陥ることが本当に多いです。
なんとなく憧れていた異性と打ち解けて話せたり、同じ学校で席を並べていたという気易さから異性であることをあまり意識しないため、気持ちが通じやすくなるのです。
そういった再会を機に相手の様子がおかしければ、不倫か、その一歩手前にいるのかもしれません。興信所や探偵社に不倫の調査を依頼するなら、どんな目的でどのような調査をしてほしいか決め、事前によく話し合っておくことが必要不可欠です。不倫関係を解消させたいのか、でなければ証拠を集めて離婚裁判に持ち込みたいとかをあきらかにしておかなければなりません。
依頼している(期待している)内容によって、調査方法や裏付けのとりかたなどが変わってくるわけですから、大事なことです。

-岐阜の浮気調査

Copyright© 岐阜の浮気調査※安い費用・即日対応できる実力派探偵事務所 , 2019 All Rights Reserved.