ほんの火遊びのつもりでも、妻にとっては信頼も人生設計もすべて

ほんの火遊びのつもりでも、妻にとっては信頼も人生設計もすべてが揺らぐのが不倫です。

信頼を裏切る浮気を黙認することはありません。

不倫行為の裏付けをとる手段は定番なところでは携帯電話の電話帳や履歴のチェックです。

メール、フリーメール、LINEその他のSNSなどで浮気相手とコンタクトをとっているのではないでしょうか。

パートナーが浮気をしている気配があって興信所で調べてもらおうと考えているなら、安さを売りにしている業者は魅力的に映るかもしれません。

ただ、理由もなく安い場合は安易に契約を結ぶべきではありません。

価格なりの低レベルな調査に終わる例もあるわけですし、正式に依頼してしまう前に、常識的な程度の安値なのか、信頼できる業者なのかぐらいは最低限チェックしておかなければなりません。

一線を超えた途端、お互いのためにならないとは知りつつも、依存してやめられなくなってしまう。

結局のところ、不倫は何も生み出しません。

たとえ夫婦関係が円満でなかろうと、新しい人と再スタートなんていうのは、お気楽すぎると世間一般では思うでしょう。

妻か夫のどちらかに原因があるとしても、不倫より先に解決策もあったでしょうし、子供がいるのならなおさら慎重になるべきです。

軽率のツケは高くつくでしょう。

探偵の仕事といえば、ほとんどの人が尾行を想像することでしょう。

相手にわからないよう後を追って、依頼された証拠を得るまで調査するのです。

調査していることがバレることはほとんどありませんが、調査員は対象の動きを予測しておかなければなりません。

想定外の行動をとったから失敗したでは済まされないのが、探偵の業務です。

相手に知られては依頼者の不利になるので、必死です。

不倫行為があった場合、当事者双方に慰謝料の請求を行うことができます。

といっても簡単なことではありません。

当事者だけで話しあえば、意地の張り合いになり、なかなか話がつかないことが多いです。

時には裁判を起こさなければいけないこともあるわけで、弁護士を頼んで無理のない問題解決を図ると負担も軽くなるというものです。

不倫の結果として生まれた子供でも認知請求することはできます。

認知してもらえれば子供のための養育費を請求できますし、子供とその親にとっては大事な手続きでしょう。

認知ときいて浮気相手が逃げてしまった場合、裁判になることもあります。

子供ができないうちに浮気をやめてもらわなければいずれ大きな金銭的負担が生じる可能性があります。

最近は興信所も探偵も、取り扱い業務は違いがないですし、名前のみと考えていただいて良いでしょう。

離婚請求の理由として向こうの不倫をあげるのであれば、確実に浮気した(している)証明というのがどうしても必要です。

自分で証拠を得ようにも相手にバレたらおしまいですし、そっちのプロである興信所や探偵事務所に依頼すれば、離婚する際に、手間も時間も節約できるでしょう。

それ以外にも、浮気相手に慰謝料請求を行う際に効果を発揮します。

不倫や素行調査を依頼すると費用がかかります。

気になるその支払いについていうと、名のしれた大手探偵社等では分割払い(クレカかローン)が可能という会社もあるようです。

一刻でも早く不倫の裏付けをとってほしいのに、お金を貯めているヒマがないなんていう場合は、分割払い可の業者を中心にリストアップしていくと機会を逃さなくて良いですね。

興信所に調査を依頼する際に確認しなければいけないのは、料金でしょう。

費用は時給換算のように単純なものではなく、調査次第で差が生じるのは致し方ないことでしょう。

不倫の調査とかでしたら、1セット60分で作業するときの平均は、2万円台と考えておくとよいでしょう。

相場を知ったところで結局はオーダーメイドですから、こればかりは専門業者に直接聞いてみるのが一番でしょう。

2社以上に聞くと色々わかって良いですよ。

普通の生活では興信所や探偵を使う機会はないものです。

いざ配偶者の浮気を調べてもらうにも、どこが良いやらピンとこないのが普通だと思います。

業者は公安委員会に届けを出す必要があり、認められれば営業所ごとに番号が付与されるので、まともに届出を出している会社なのかは、番号を見れば判断がつきます。

大事なことですので、業者の公式サイトや宣伝広告等に番号を明記しているかどうかは確認しておかなければいけません。

たとえ不倫調査という正当な理由があっても、本人に知らせずに尾行したり聞き及んだ情報等を発注者に情報提供する探偵の仕事というのは悪いこと(不法な行為)なのではと質問されることがあります。

現在は探偵業法による規制があるので、その点は心配要らないでしょう。

探偵業法が2007年に施行される以前は、探偵の業務に関する全国共通の規定というものがなく、不当な行為を働く業者による問題を防止するべく定められました。

面倒くさがりの夫があんなに嫌っていたSNSに最近やたらとハマっています。

携帯も隠すし、ぶっちゃけ浮気かなと思い当たり、暗い気分になってしまいました。

相手が誰なのか無性に知りたくて(全然知らない人の可能性もありますが)チェックしてみましたが、こともあろうにしっかりロックされていて、わかりませんでした。

私が怒れば黙ってしまうに決まっていますから、最終的には探偵業者に調査してもらうべきかと思いましたが、妻のお金の出どころって旦那なんですよね。

どうしたらよいのか、いまだに踏ん切りがつきません。

探偵社への支払いは現金だけしか受け付けないかというと、最近は結構多様化してきていて、規模の大きな探偵業者ではクレジットカードでの支払いに対応しています。

クレカの利用明細の表記で探偵だと分からないようにしているところも多いので、調査をしたことがパートナーに分かることはありません。

カード会社の加盟店になるには条件を満たす必要がありますし、それだけ信頼性も高いということです。

不倫を疑って、プロに素行調査を頼もうと思ったら、平均的な料金はあらかじめ調べておきたいものです。

依頼者の悩みに乗じたかのような高額な料金を請求する業者もあるので、身を守るためでもあります。

また、安価な価格設定で顧客を誘い、あとになって必要経費といって、割高な支払いを要求されることもあるので、契約前に料金の発生条件について、しっかりチェックしておかなければなりません。

探偵業者を選ぶ際は、あとでがっかりしないためにも、相手の勤め先や自宅と同地域に営業所がある探偵をあたってみると良いでしょう。

地元に精通していれば、それだけ詳細な調査ができますし、高精度な報告ができるでしょう。

それと、依頼内容次第では向き不向きもあるようですし、まず、ネットで情報を集めて、ウェブ経由かそこに書かれている電話番号などに直接確認してみると良いでしょう。

本人たちにとっては遊びのつもりでも、不倫の対価は高くて当然です。

まず、不倫で取り残された配偶者がどのような対処をとるかでも変わるでしょう。

しかし、離婚と財産分与のために自宅を手放したり、慰藉料を請求されることだってあります。

不倫なんていうものは、露見してしまえば高い賠償を払って償いの生活を送る羽目になるのです。

先週、夫の不倫が発覚したんですが、やりもやったりで、一時の気の迷いなんかではなく、まさに芋づる式でした。

それも私と結婚する前から、何度も不倫していて、同時に二股三股もかけられたかと思うと生理的な嫌悪感を覚えます。

終わったものまで糾弾する気は既にありません。

浮気は男の甲斐性ですか。

それって限度があると思うんですよ。

一度ならず繰り返す彼を許して生活をやりなおす意味がありませんし、別居するくらいなら離婚のほうが良いと考えています。

同じ勤務先内での不倫は、やはり多いものです。

しかも、事実が判明したところで、不倫はプライベートな行為のため、セクハラでもないかぎり仕事を辞めさせることはできないようです。

とはいえ、就業規則上の、「秩序および風紀を撹乱するおそれ」といった線から考えれば、懲戒対象とも思われます。

まあ現実では訓戒程度で、具体的な処分はないまま終わりがちで、結局のところ「甘い」印象は否めません。

探偵に依頼される案件のほとんどは、浮気の行動調査ではないでしょうか。

なんとなく行動が怪しいから、とりあえず不倫の有無だけ知りたいという依頼から、証拠を押さえて離婚したいといった要望まで、依頼者のニーズに合わせた調査をしてくれます。

とりわけ、不倫相手に慰謝料を求める場合は、明確な証拠を得る必要があるので、専門のノウハウがある探偵を頼むのが賢い選択でしょう。

興信所や探偵選びで迷ったら、そこで目安になるのは「地域」です。

誰しも居住地と勤務地を中心に行動するため、地域周辺に限って、ウェブで検索してみると良いでしょう。

いくつか選んだところで相談専用電話があればそこに、そうでなければ代表か営業所に電話をかけ、依頼したい旨を伝えてみましょう。

相手は専門家ですが、話をしてみないと、誠実そうな会社かどうかもわからないです。

電話番号を非表示にしてかけることもできるのですから、まずは電話です。

配偶者の浮気にピタリととどめをさすには、浮気の証拠をしっかり掴んで、片方、ないし両方に慰謝料を求めるのが、よく効くようです。

浮気している当人たちはゲームのつもりだったり、考えなしにやっているという実態もあります。

代償としての慰謝料を要求することにより、自分たちがしでかしたことの償いをさせるのです。

調査会社が探偵業務で使用する道具というと、過去には無線発信機というものをよく使いましたが、近年は精度の高くなったGPSに取って代わり、旧発信機の時代に比べると調査対象の追跡性能がアップしました。

最近の高性能GPSというのは正確で、大規模な立体駐車場やガレージ等に入り込まなければ、対象の位置の把握は難しいことではありません。

外装が目立たないGPSもあるので、一度取り付けてしまえば時間の無駄を最小限に、追跡調査ができます。

自分でなく、職場の同僚のことなんですが、彼の妻が元カレと不倫していて、相手を訴えてやると言うのです。

わからなくもないですが、それには裁判費用が要ると聞いたことがあります。

あきらかな不倫の証拠を突きつけてやって、相手には慰謝料を要求し、今後の接触を禁じるのも一計ではないかと助言しておきました。

不倫の調査は相手と近い関係であるほど調査していることに気づかれやすい上、感情の昂ぶりから相手やその関係者とのトラブルに発展する可能性も否定できないのではないでしょうか。

その道の専門家である探偵なら、相手に気取られず浮気調査するテクニックと資材を持っていますし、自分でわざわざリスクを負うよりはるかにラクに浮気の裏付けがとれるはずです。

パートナーの不倫が露見したら、やはり頭に血がのぼってしまうかもしれません。

でも時間の経過と共に冷静になってくるはず。

そのときは、浮気に対してどのように臨んでいくか考えましょう。

浮気はどう言い訳しようと、道義上許されない行為です。

精神面では本当の解消には至らないかもしれませんが、いままでどれだけ苦しんだか、その対価としての慰謝料は、請求しましょう。

名前の違いで悩む人がいるようですが、今の時代の興信所と探偵社の差はその名称のみと考えていいでしょう。

双方とも探偵の業務を行うという点では違いがありません。

浮気の追跡調査などを依頼する際は、区別して考えることはありません。

ただ、ある程度の得意分野だのは事業者ごとに特徴があるため、事前に調べたり質問しておくことが大切です。

配偶者の浮気の兆候に気づいた際は、ぜったい裏付けをとるべきです。

最も確実な浮気の証拠は、写真や動画など、第三者が見て浮気だと判断がつくものです。

不倫現場を、何のノウハウもない一般人が適確におさえたり、裁判で確実に証拠になるようなものを手に入れるのはトラブルの要因にもなりかねませんし、代わりに探偵社に依頼することも考える価値があるのではないでしょうか。

不倫行為が露見した場合、慰謝料の支払いが発生することもあります。

相手がきちんとした裏付けをとっていれば、逃げおおせることはできないでしょう。

請求額は概ね、2ケタ万円から3ケタ万円と本当にケースバイケースで異なります。

払える見込みが立たないときは、額を減らしてもらうよう交渉するのも悪くないかもしれません。

不倫していると受け応えでも見抜くことができます。

いつもと同じようにサラッと訊いてみるのです。

人間はウソをつくときほどやたらとハキハキ回答したがりますから、それを見るだけです。

ちょっと質問しただけなのに、まるで物語のように話をふくらませるのもアウトでしょうね。

やましいと思っているほど、会話で間があくのを嫌うかのようにべらべら喋るものです。

視線もキョドりますし、目線を追うと分かります。

こちらが落ち着いているほど効果的です。

あまり評判の良くない探偵業者にひっかかってしまうと、満足な調査が行われなかったり、お金を溝に捨てるようなはめになります。

営業所に話をしにいった際、過度に不安を煽ったり、契約を急かすようなところは注意したほうがよいでしょう。

一度断ったのに、やたらと電話で勧誘してくるのは、悪質な業者だと思ったほうが良いでしょう。

誠実な探偵業者は依頼人が不快に思うような行動はとらないですからね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました