不倫は家庭も人も壊します。そのような中で傷ついた人のメンタルケアを行

不倫は家庭も人間関係も崩壊させます

そのような中で傷ついた人のメンタルケアを行う相談員がいるのをご存知でしょうか。専門家に話を聞いてもらいながら、いままでのダメージから立ち直っていくことができるでしょう。

浮気によって相手と別れても他人を信用できなくなったり、自分の人生なのにポジティブになれないことも多いようです。また、離婚ばかりではなく、配偶者との関係を再構築する際にも、カウンセリングが効力を発揮すると思います。

お互い結婚している者同士の場合、不倫をやめる契機になるのは、実親や配偶者に妊娠を望まれたからというのが実に多いのです。自分とのことを考えてくれている人に対し、自責の念を感じ、W不倫の現実にうんざりする気持ちが出てきたりします。

それに、職場が変わったり自宅が転居したときも今までと勝手が違うため、ここぞとばかりに別れようという気持ちになりやすいといわれています。どんなものにも支払いはつきものですが、探偵事務所や興信所に不貞の証拠を取る調査を依頼する人にとってその料金は、もっとも気にかかる問題でしょう。

このごろは、調査業務に関する相談は無料という事業者も増え、見積もりなしに契約することはないので安心です。

見知らぬ会社に一人で行って、もし悪質な業者だったらと不安に思う人もいるかもしれません。

それなら、いきなり向こうの会社に行くのではなく、喫茶店やファミレス等で打ち合わせさせてもらうのも手です。

契約の強要といった事態から身を守るための手段です。

パートナーの浮気で離婚調停や裁判

パートナーの浮気で離婚調停や裁判ということになれば、まず必要となるのは浮気の証拠でしょう。一例を挙げると、肉体関係があると客観的にわかるような手紙やメール類、不倫相手とラブホテルに出入りしたときの写真や動画、変わった例では不倫相手と交わした誓約書などがあります。

スマホが普及したことで、メール以外にもラインやSNSが証拠として認められるケースが増えました。

先週、有責配偶者の夫の不倫が発覚したんですが、やりもやったりで、初犯じゃなかったんです。

入籍する前から相手も複数。常習だったんですね。

根掘り葉掘り問いただす気はありませんが、何度も浮気するのって、本能なんでしょうか。

まさか、ですよね。

あんな人と人生の伴侶としてやっていく気力というのがなくなってしまって、離婚も視野に入れて話しあうつもりです。

ほんの出来心でハマってしまい、周囲の信頼を失ってしまう。

そんなに浮気は魅力的なのでしょうか。

結婚生活に飽きたり、相手がイヤになったからといっても、しっかりケジメをつけずに新しい相手とやり直そうというのは、あからさまに現実逃避が過ぎると誰もが思うでしょうね。

夫婦間の問題はそのようなことで解消するとは思えませんし、責任のない子どもまで不倫の結果に巻き込むのはどうかと思います。我を通すあまり周囲が見えなくなっているのです。きっと後悔しますよ。

4歳の娘と7歳の息子がいるアラサー主婦です。有責配偶者の夫は7つ年上で社宅住まいです。

しかし先月、彼が同じ職場の女性と不倫関係にあったことがわかり、双方の親も交えて話し合い、離婚ということで合意しました。

これから女手一つで、この子たちを育てていくわけです。

浮気・不倫の事実は感情的にしこりが残りますが

感情的にはもやもやが残りますが、離婚問題に詳しい弁護士に相談して間に入ってもらい、夫には慰謝料と養育費、不倫相手には慰謝料を求め、それらは公正証書という形にまとめてもらいました。探偵事務所や興信所社に任される仕事というと、その大半は素行(不倫)調査ではないでしょうか。

それをベースに探偵事務所や興信所の調査手法をご説明しましょう。普通の調査では、依頼者から得た情報を元に調査対象の追尾を行います。四六時中尾行しても気づかれるリスクが高く無駄骨なので、ここぞという日時に限定して追跡し、相手の浮気の証拠を抑えるのです。

たとえ出来心でも浮気をしてしまったら、向こうの奥様がきちんと勉強している人の場合、内容証明郵便で慰謝料請求を送付してくること事体、ありえないことではありません。ひとくちに慰謝料といっても、あちらが離婚しないか、したかによって相応の差が出てきます。

離婚に至っていないにもかかわらず非常に多くの慰謝料の請求があったら、冷静になって、弁護士に入ってもらうようにしてください。

不倫の結果として生まれた子供でも認知請求することができるのをご存知でしょうか。

認知してもらえれば子供のための養育費を請求できますし、子供とその親にとっては大事な手続きでしょう。

なかなか認知されない場合、家裁に訴えることもできます。

そのような事態に陥る以前に不倫関係を絶っておかなかったら、今後の人生設計にかなりの不利益を被る危険性があります。

不倫というのは一生続けられるものではありません。浮気の事実が知られ、離婚されたり、慰謝料請求や財産分与で金銭的にボロボロになる場合もあるわけです。倫理面はさておき不倫の当事者同士で再婚するパターンもあります。

不倫では失うもののほうが多く、幸せな結末なんてありません

金銭面や精神面などで、さんざん苦労しても、不倫では失うもののほうが多く、幸せな結末なんてありません。地元の友人が、ダンナ浮気してるみたいだよと教えてくれたので、ネットで「探偵 不倫」で調べてみたのですが、思っていたより多くの会社があるようで驚きました。安いところでいいやと思ったのですが、2社のうち、こちらの気持ちをよく理解してくれた会社に調査を依頼しました。

わかってて依頼したものの、証拠写真は私が見て充分判別がつくほどでしたし、あれにはやはりショックでしたね。配偶者が浮気する理由として多いのは、結婚から時間がたって新鮮味がなくなったからだそうです。言葉は違っても結局はそれみたいですね。自分をもう一度異性として見てほしいという願望が結果的に浮気という形で出てくるのです。

浮気を未然に防止するために、二人で歩み寄って、おたがい不満に思っていることは何なのかを語り合うことも大事です。どの業界でもそうですが、探偵事務所や興信所でも怪しいサギまがいの業者があるのが現実です。

依頼しても良いかどうか評判も見て、信頼ベースで選んだほうが良いですね。ごく普通の素行調査(浮気等)でも、確実な裏付けを優先すると、所要時間はやや流動的になります。

まともな業者なら目安となる期間やコストテーブルがありますので、納得いくまで説明を聞いてから契約するというふうに、一定の段取りはとるべきです。

一般的に不倫の証拠に使える写真というと、二人一緒にラブホテルなどに出入りするところなどは定番中の定番といえます。

撮るだけなら自分でもできそうだと考えるかもしれませんが、肝心の画像が上手にとれない場合が多いようです。

確固たる裏付けとなるような高画質で得たいなら、そういった仕事に長けている探偵事務所や興信所を利用する方が良いのではないでしょうか。個人情報保護という考え方が浸透してきたせいか、いくら浮気の調査でも、本人に知らせずに尾行したり聞き及んだ情報等を依頼主に提供する探偵の業務は違法なのではないかと心配に思う人も多いようです。現行の探偵事務所や興信所業者は「探偵業法」の範囲内で業務を行っているので、その点では極めて安全です。法律自体は平成19年6月に施行されましたが、それまでは探偵事務所や興信所の業務に関する全国共通の規定というものがなく、不当な行為を働く業者によるトラブルを防止するために策定され、現在に至ります。

パートナーが浮気をしている気配があって初めて探偵業者を利用しようというときは、価格の安さが気になりますよね。ただ、理由もなく安い場合は用心したほうがいいです。価格なりの低レベルな調査に終わる例もあるわけですし、契約する前に、他社と比べてみて、その価格でその業者に任せて大丈夫かどうかもチェックしておかなければいけません。

探偵事務所や興信所を雇って行う素行(不倫)調査は、成功報酬プランを設定しているところもあります。

浮気の裏付けがとれない限り、お金を払わなくていいなんて、ラッキーと思うでしょうが、ターゲットの浮気の有無が曖昧(ややシロ)だったり、調査期間が長引くことが予想される際は契約できないときもあるらしいです。

さらに、これが一番多いケースなのですが、首尾よく証拠を入手できた際は思ってもみなかった額を請求されるケースもあるので、利用者の方で気をつけておかなければいけません。

たとえ調査内容が同一でも、素行調査の代金は業者によってかなりの違いが出てきます。

安易に一社に絞り込まず、ちょっと手間でも何社かで見積りをとり、説明を受けるほうが納得がいく契約ができるでしょう。

あと、ちょっとしたコツなのですが、調査する相手の情報をなるべく詳細に説明しておくと、調査の無駄を省くことができ、コスト削減にもなりますし、仕事の精度も上がります。

探偵事務所や興信所社に不貞の証拠を取る調査を依頼する際、個人情報を教えるのは気が進まないという人も少なくないでしょう。依頼に先立っての相談段階ではおおまかな情報のみでOKという探偵事務所や興信所社が最近では増えていますから、あまり心配しなくても良いでしょう。

でも、仕事として発注する場合は契約や詳細説明は必須ですから、そこで必要な個人情報の開示は避けられないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました